うちのこまとめ

目次

アマーリア

機械の進化は止められん!!!!

d.png
tatie.png

アマーリア・ファン・ペリゴール(1890~1916)

 東欧の竜人(ズメウ)。出身はオーストリア=ハンガリー二重帝国、ガリツィア・ロドメリア領。
 人間に擬態することが出来、普段は角と尻尾は隠している。最終階級は竜騎兵大尉。  身長168cm、体重78kg。顔のケロイド火傷は子供の頃に炎を吐く練習中に加減を間違えたためついたものである。誰か嫁にもらってやれ。
 口腔内の強度が人間に毛が生えた程度なので火炎放射は最後の手段である。一回吹いただけで口内ボロッボロになる。筋力は人間のそれとは比べ物にはならない。空を飛べるがわりと短時間だけである。あとなんか持ち上げて飛ぶとかは出来ない。好きな物は騎兵突撃。嫌いな物は塹壕。
 全体的に皮膚が一定以上の圧力を加えられると瞬時に硬化するため強靭であり、拳銃弾くらいなら食らってもたいしたダメージにならないがライフル弾は当たり所によっては普通にブチ抜かれる。機銃弾は全面貫通する。刃物等で傷をつけることはやや難しいが出来ないことはない。又、刃物で斬らずに刺されると普通に貫通する。
 割とグローバル趣味で旅行好き。ジャポーネにも一回だけ来たことがある。趣味は刀剣収集。最近欲しいものはオスマン騎兵サーベル。
 1916年、ブルシーロフ攻勢にてカルパティア山脈付近でロシア軍の攻勢を受けて死亡。享年26。

Qエロリョナフリーですか?

Aエロリョナフリーです

Q死んでますが現代で(もしくは近現代で)創作云々

A生き返らせましょう。ソビエトロシアでは死者が喋る。

Q服が面倒臭いんですが

A俺もそう思うから自由に変えて良いぞ

久木

八〇二一レボノマヤカタイニ

IJA-MP.png

設定稿

天原久木(あまはら ひさぎ)(1660~1942)

大日本帝国陸軍兵長。身長140cm、体重36kg。

ヤコオという壱岐島の妖怪で、しばしば人に取り付き惑わし殺す。得意技は暗殺。青島の戦いにおいて半身近くに砲弾が落下し、頭を破片が掠めたため現在のような風貌になっている。本来は砲兵だったが、上記の能力と怪我もあり、なんとか首切りを免れて憲兵に落ち着いた。本人の性格もあり憲兵というのは天職であったが、三十一号作戦に追従していたところイギリス軍の砲火に巻き込まれ死亡。

非常に残忍なサディストだが、忘れっぽく趣向を公に出すことはしない。妖術は得意ではあるものの、失った左手の補助程度であり完全にサポートになっているとは言いがたい。ただ物を浮かせる、つぶす、たたくなどは普通にできる。

得意技は憑依。大戦中は敵軍将校およびパルチザンへの憑依を期待されていた。

つくりとちゅー


添付ファイル: fileIJA-MP.png 505件 [詳細] filetatie.png 522件 [詳細] filed.png 523件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-20 (金) 22:02:52 (546d)